担当日誌

RSS

祝!
今日の午前は、南葛西TH分譲住宅D棟の決済がありました。
ちょっとしたアクシデントもありましたが、和やかな雰囲気で無事終了。
これにて完売です。
最後まで労力がかかった現場で、非常に勉強になりました。
自分で手掛けた現場で忘れるような家はありませんが、特に印象に残る家になりそうです。
4組のご家族皆様が人の良い方々なので、これから一生続くお付合いも楽しくなりそう。
宜しくお願いいたします。

午前中は売主でしたが、午後は逆の立場で残金支払い。
南葛西3丁目の中古住宅を買いました。
今後、リフォームして販売するか新築に建てなおすか、非常に悩んでいます。
車庫の無い新築3LDK一戸建!4,000万! …どうでしょう?
今、葛西エリアの車庫付分譲住宅より1,500万以上安いので、近隣に車庫を借りても月に約28,000円は支払いが安く済みます。
マンションと比べても、管理費と修繕積立金の分は支払いが安いですから悪くないと思うんですが、一般的に「戸建ては車庫付。」といった雰囲気があるので、いまいち踏み切れません。
車庫は別に借りても安く注文住宅を建てたい方がいらっしゃいましたら、早めにご連絡ください。


昨日は作業服で管理物件をまわって一日中肉体労働し夜は付合いがありましたし、今日は朝からバタバタと忙しかったので、やっと落ち着いた今(18時)キーボードを打つのも辛いくらいドッと疲れが出てきました。
も・もう・・だ・・・め・・で・す・・・ 。。。(;_ _)

明日はゆっくり休ませていただきます。

(2006.8.30[Wed])
企業倫理!?
昨日は、当社のお客様の住宅ローン金銭消費貸借契約がありました。
簡単に言うと、住宅ローンを借りる契約なんですが、住宅ローンと言えば貸す方は銀行で、日曜は定休日のはずですが…
最近、銀行はサービスで住宅ローン相談窓口を日曜に行ったりしていますが、その窓口で契約してもらえたのです。
僕も十数年仕事していて初めて日曜日に金消契約をしましたが、お客様にわざわざ有給や半休を取ってもらわなくていいですし、行内も静かで良いこと尽くめだと思いました。

金融は土日休みというのが一般的で、企業も追従するように休日なるのが自然な成り行きです。
しかし、サービス業という観点から見ると、銀行はATMだけでは物足りません。
顧客の多くは土日休みのはずで、契約迄できるようになれば重宝されるでしょう。
外資系はこのあたりで差別化しているようですが、今後は各企業も次第に土日も平日も変わらなくなってくるでしょうし、そうなって欲しいものです。


不動産屋は土日営業が当然になっています。
最近は土日といって特別忙しさは感じられず、平日の方が忙しい気がしますが、売買に力を入れている会社はやはり土日勝負。
平日はチラシの手配やお客様へのアポ取り・物件確認等を行っているようです。

中でも、チラシの配布や現地案内看板の設置はよく目に付きますが、軽犯罪なので危険が伴います。
私も、以前は電柱に矢印の付いた看板を何十枚も付けていましたし、賃貸マンションのポストに何百枚もチラシを投函したことがあります。
ですが、電柱に看板を取り付ける時の罪悪感がイヤで、1度警察に注意されたのをきっかけに止めました。
マンションポストへの投函も、1度住民から注意されたのと、自社マンションの共用部がチラシで汚れるのを見て止めました。
誰かに迷惑をかけることなので、自粛するのが当然なんですけどね。

今日、チラシ(ビラ)を配布するためにマンションに無断で入ったことが住居侵入罪に当たるか東京地裁で判決公判があり、「住居侵入罪に当たる違法な行為とはいえない。」「マンションへの立ち入り行為を刑事罰の対象とする社会通念は確立しているとはいえない。」と無罪の判決が出ました。
売買でも特に仲介業務を主としている不動産営業マンにとっては、ホッと安心の内容でしょう。

判決はどうであれ、ポストに頼んでも無いのに投函されるチラシは、必要の無い人にとってはゴミを増やしているだけで極端に言うと反社会的で迷惑でしかありません。
特にHなヤツは、子供の教育上悪ですし本当に迷惑しています。
新聞折込広告やネット・雑誌等、媒体は溢れていますし、せめて『チラシ投函禁止』とかかれているようなマンションにはマイナスイメージになるので止めるべきでしょう。
エコロジーを企業理念のひとつに掲げてチラシをバシバシ投函している会社ってどう思います?
おまけにそのチラシがリサイクルペーパーだったら大笑いです。
逆に考えれば、チラシから伝わる情報って良い判断材料になり面白いかもしれませんね。
(2006.8.28[Mon])
家主の責任

少し前のパロマ製ガス給湯器の一酸化炭素中毒事件をうけ、経済産業省から回収命令が出たようです。
ニュースで連日報道しておりパロマはイメージガタ落ちです。
メーカーは、以前より欠陥が出た場合の対応が良くなったとは言え、まだ漏れがあることは否めませんし、どこで落とし穴に落ちるか分かりません。
事故後にPL法がどうのとかコンプライアンスとか指摘するのは簡単ですが、人間が行っている以上ミスを0にする、あるいはミスを未然に対応するということは非常に困難で費用と労力がかかります。
とはいえ、被害者を出すことは絶対に防がなければならないことですので、各企業なりに対応を検討しています。

当社の物件は、幸いノーリツ製がほとんどでパロマ製はありませんでした。
しかし、ノーリツなら安心というわけでは無いと思うので、老朽化した給湯器は積極的に交換していく方針です。
当然費用がかかりますが、駐車違反の切符を切られて「駐車場に入れておけば良かった~」と後悔するように、多少の出費をケチるとリスクが生じることを勉強しておかなければなりません。

例えば、平成6年の広島地裁の判例。
これは、給湯器の排気口が塞がれていたためガスが室内に充満しおきた中毒死で、被害者の親族は家主およびガス供給会社に損害賠償を請求。
何となく使用者(管理者であり被害者)の過失や善管注意義務違反も考えられるし、家主が悪意を持ってやったわけではないので如何なものかと思いますが…
排気口は入居者の管理化である専有部分にあるが、その口が塞がれていたのは家主の工作物責任に抵触するとし、家主に損害賠償の支払いを言い渡したそうです。
一方、ガス供給会社は免責とされています。

他にも、阪神淡路大震災のような天災でも家主の責任が問われた判例があります。
神戸市灘区の賃貸マンションの1階に居住していた原告は、地震で1階部分が押しつぶされ子供が亡くなりました。
原告は、本件建物が建築基準法の水準に適合せず瑕疵があったことは明らかだとして、家主および宅地建物取引主任者に損害賠償を請求したというもの。
これに対し家主らは、本件建物が建築当時の耐震基準は満たしており予想を超える震災が原因の不可抗力であると主張。
神戸地裁は、大地震による不可抗力の要素があるものの、建築のプロでなく危険性を認識しなくても、家主は土地工作物である建物の所有者として責任を負わなければならないと、請求の5割にあたる損害賠償という判決を下しました。

家主は不労所得を得て羨ましい存在に見えますが、経営者ですから様々なリスクを負っています。
外壁タイルが落ちて人に当たったり、ワックスをかけすぎて入居者が転んだり、たてつけの悪くなった窓が落ちて人に当たったり、家主の直接の過失がなくても責任を問われるケースがあります。
管理責任といっても、なかなか気付かないことも多いですから大変です。
また、入居者各々の個人的資質に依りリスクが高まります。
「エアコンのフィルター清掃の方法が分からない。」とか「電球の交換ができない。」とか、「水が出ないけどどうなっているんだ!」と電話があって調べてみると断水工事の通知を見ていないだけだったり「水が流れない。」と調べてみると排水溝を掃除していなかったりetc
こういった何時無知が故の事故を起こすか分からない人まで面倒を見なければならないなんて…

判例を見ていると「消費者は無知で判断力が無いから、ちゃんと分かるように事前説明してね。」と言っているようです。
賃貸住宅も、設備の取扱説明書を設置するべきですね。
当社も新築当時は設置していますが、いつか入居者が無くしてしまいますし、僕なら読まないでしょう。
リスクを無くすには、ちゃんと読んで理解したか確認まで必要かも…
良く考えると世の中怖いことだらけです。
(2006.8.27[Sun])
岩盤浴
昨日は、新規テナントの打合せがありました。
葛西駅前にある和民さんが入っているビルの4・5階で、今話題の岩盤浴がOPENします。
最近、葛西の駅前も居酒屋が増えて実際は経営が大変なお店が多いようなので、あえて異業種を斡旋しました。
岩盤浴で汗をかいて、美味しいビールがすぐに飲める!今まで以上に素敵な街になるでしょう。
これから内装工事に入るので、OPENは10月でしょうか?
楽しみにしていてください。

巷で評判の岩盤浴ですが、サウナや温泉より良いのか未経験の僕には分からないので少し調べてみました。

岩盤浴はご存知の通り暖めた岩盤の上に寝るものですが、この岩盤(ブラックシリカ等)が遠赤外線とマイナスイオンを発生させるそうです。
汗はほとんどが水で、体内の血液も水分。
水は表面張力により大きな粒になる性質をもっており、何もしないとダラダラ流れるムダ汗となり、体内では流れの悪いドロドロ血液となります。
ところが、岩盤浴ではマイナスイオンの界面活性作用で水のクラスターを微小にし、さらに遠赤外線の共鳴振動という作用で水の粒を揺すって大粒になるのを防ぎます。
結果、この2つの効果で小粒なさらさら汗とさらさら血液になるということ。

さらさら血液についてはメディアで頻繁に取り上げられていますから良いことは説明するまでもありませんが、さらさら汗についてはどうでしょう?
粒子の細かい汗は、蒸発しやすく体温の上昇に最小限の発汗で対応できる効率の良い汗と言えます。
さらに、代謝を助けるマグネシュウム等のミネラルも失われにくいそうです。

また、ブラックシリカからでるマイナスイオンは、赤血球の中のヘモグロビンに含まれる鉄に電子を与え活性化させ、酸素との結合力を強くするそうです。
ですから、一つの赤血球が多くの酸素を肺からもらうことができ、組織に多くの酸素を供給できるのです。

新陳代謝は酵素が切り盛りしていますが、この酵素は体温が上がるほど活性化するそうです。
岩盤浴の遠赤外線は、炭火のように体の芯から均一に温めこの効果を高めます。
しかも、体が均一に温まると、自律神経や免疫・ホルモン系が働きやすくなり、ますます代謝が活発になるのです。

結果、岩盤浴は非常に効率の良く代謝を高める方法と言うこと。
脂肪を代謝で燃やし、エネルギーと熱を作り、最終的に水と二酸化炭素に分解するのがダイエットですから、岩盤浴の最終的な目的はココにあります。
代謝系の燃焼がなければ脂肪は燃焼されませんから、食事制限だけではだめ!
筋肉を付けたいのであれば運動ですが、そうでなければ岩盤浴!
女性に人気が出るはずです。

さらに、岩盤浴には燃えない脂肪を燃える脂肪に変える効果があるとされています。
燃えない脂肪というのは、水銀や鉛といった有害金属を含んだ脂肪。
これは、水に溶けにくく、脂肪と親和性があり貯蔵脂肪とともに蓄積されやすい傾向があるのです。
水に溶けにくいのですから、代謝と単純な汗だけではこれは燃焼できません。
岩盤浴は、これらの有害重金属を体外に排出させる効果があることが医学的に証明されているのです。
デトックスですね。
定期的に岩盤浴を行うことにより汗腺と皮脂腺の機能が向上し、効率よく有害金属を排泄できるようになれば、徐々に衰えていく基礎代謝を助けることができ、中年太りともおさらばです。

以前、スポーツクラブ入会したことを書きましたが、機械の目的の無い単純運動が面白くない事と仕事があるので計画的に通えない事で退会しました。
(意思が弱いという理由も…)
一応、ウエストが70cmを下回ったので目的達成ということもあり、月謝ももったいなかったので…
この岩盤浴がOPENすれば、会社帰りにすぐ行けますし寝てるだけなら自転車マシンより数倍快適なので週に1度位は行こうと思っています。
気持ちよく健康に脂肪燃焼なんて良いことばかりですしね。

でも、顧客のメインが女性のようで、男性1人では入れないお店が多いようですね。
カップルで入れたりするようですが…
妻と2人で? 「(´へ`; ン~ビミョウ

(2006.8.26[Sat])
EDOGAWA CHINTAI NETWORK

休み明け21日の夜は『葛西不動産連絡会』の会合でした。
これは、葛西・西葛西の賃貸物件を多く管理している不動産会社12社が空部屋の情報を共有し、エリア随一の不動産賃貸データーベースを構築・紹介するというもの。
他の不動産ポータルサイトのように《紹介するだけの物件》《実は架空の反響をもらうための物件》等が無く、真のリアルタイム空部屋情報ですし、すべて管理物件なので情報のクオリティーと対応力が違います。
江戸川区に住みたくない人には使えませんが、そうでない人にとっては最高の地域密着型不動産賃貸ポータルサイトです。

今までも内容は素晴らしかったのですが、宣伝が足りなかったのでサイト名を『えどちん』に変更し、9月末にはリニューアル&広告する方針に。
そのHPレイアウトや、他の広告デザインの打合せがメインの議題で、方向性はほぼ決定しました。
広告はラッピングバス(都バスを広告塔にするやつです。)不動産情報誌の裏表紙・看板・その他盛りだくさんで、葛西にいれば必ず目に付くようにします。
後は地道にコツコツ制作の段取り・・・ってこれが大変なんですよねぇ~
運が悪いのか、一番大変なHP制作とラッピングバスの担当になりました。(;ーωーA フゥ…
でも、何かを造るって楽しいんですよね。
楽しみながら頑張ります。

試行錯誤した『えどちん』のロゴマークも完成。
スタイリッシュなロゴに『えどちん』の不思議な響きのミスマッチがなんとも言えません。
良いのか否か?しばらく時間が経過しないと分かりませんが、ポテンシャルは秘めていると思っています。
ブランドという物は「どう創るか」ではなく「どう育てるか」らしいので、これからの広告展開は重要ですね。
数年後にはYahoo不動産のカテゴリー内に・・・ d( ̄  ̄) ヾ(^o^;ナイナイ


明日は木曜!定休日です。
子供の夏休みも残すところ1週間。
逆に言うと、あと1週間で休日昼間は開放です \( ̄▽ ̄)/平日休み万歳!
とりあえず明日、連休の旅行で散財した上に給料日前だし日焼けしたくないしでドコに連れて行こうか悩んでいると、娘の宿題が残っていることが発覚。
自宅で昼間からエアコンを付けると妻に「電気代がもったいない!」と怒られるので、近くの涼しい図書館で勉強です。(無料ですし!)
でも、図書館では昼寝できないんですよねぇ~ 「(´へ`;ウーム
やっぱり内容はどうであれ映画館が最高です。(有料ですが・・・)
(2006.8.23[Wed])
夏休み終了
今年の夏休みも終わりました。
いつも夏は儚いものですが、夏休みはもっと儚いですね。

僕は、子供が「プール!プール!」とうるさいので、世界一のプールを見せてやろうと思い宮崎のシーガイヤに行ってきました。
隣のシェラトングランデに泊まりたかったのと、波乗りという密かな企みもありつつ・・・
ホテルは眺望も施設も素晴らしく、スタッフも「お客様!」ではなく「安藤様!」と常に名前で呼んでくれて応対も完璧、少し話すだけで良い気分になります。
このあたりの対応は、当社も同じ接客業として見習うべきだと良い勉強になりました。

シーガイヤは12年程前に行ったことがあったんですが、相変わらず大人気。
子供は大興奮でクタクタになるまで遊んでいて、見ているだけで疲れましたが良い思い出になったようで「宮崎最高!」と喜んでいました。
子供が嬉しそうにしていると、親は凄く良い気持ちになりますね。
多額の旅費は痛いですが、それ以上に子供の楽しそうな顔や親に対する感謝の気持ちが感じられて有意義だったと思いました。
ただ、遊びもホテルも食事もかなり贅沢をしたので社会復帰が怖いです。
お昼のコンビニ弁当は不味かったなぁ~(^.^;


12日の停電以降不通になっていた当社のNet環境も復旧しました。
今日から完全通常営業です。
9日間で届いたメールは、670件!
ほとんどが不必要なメールですが、今から手分けして処理します。
連休は良いものですが、休み明けはいつも動かない頭で大量の仕事をこなさないとならないので複雑な心境です。
何事もアメとムチ?山と谷?セット物なんですねぇ~
(2006.8.21[Mon])
瞬停
12日夕方の雷雨で、会社が瞬間的に停電になりました。
サーバーまでダウンし、復旧に大慌て(×.×;)
LANはすぐに復旧しましたが、Netにつながらず原因を調べると、Bフレッツで契約していたはずがプロバイダーだけで、NTTはADSLのままでした。
プロバイダーを変えない限り電源を落とさなければそのまま使えるんですね~5ヶ月も・・・
って感心している場合でなく、恥ずかしい限りです。

業務の簡素化と宣伝広告のために毎日Netを利用していますが、使えなくなるとかなり不便です。
少し前までは無かったものなのに、利用すると元には戻れないドラッグのようなものの一面も・・・(例えが最悪ですね。)
特に困るのがメールです。
ホームページの一部の更新は、こうして自宅からでも出来ますが・・・
こうしている間もお客様からお問い合わせが来ているかと思うと、心配でしょうがありません。
全く送受信できないので、恐縮ですが返信は21日の夕方までお待ちくださいm(_ _)m

そんな状況の中またまた恐縮ですが、当社は明日15日より20日まで夏季休業させていただきます。
21日に更新できるか怖いですが・・・
皆様も良い休日を!

って~緊張感ないですね(^.^;
(2006.8.14[Mon])
ショートトリップ
昨日の早朝、波乗り仲間と台風一過の天気予報を考慮の上協議し、湘南に向かうことにしました。
高速から山道を抜け海に向かうこと十数年。
お台場・横浜などの都会を見ながら海に行くことに慣れていない僕達のテンションは最高潮。
いつもと違う雰囲気に、すっかり旅行気分です。
少し靄がかかり富士山はぼやけていましたが波と天気は最高で、すぐに着替えて3時間、良い波を満喫しました。
このまま帰るのももったいないので、鎌倉方面にドライブし、海を見ながら食事。
まだ良い波が割れていたので、鎌倉でもう1ラウンド満喫しちゃいました。
帰路は、鎌倉の情緒ある街並みを見ながら~
鎌倉の大仏前の通りは観光客も多く良い雰囲気が漂い、もう本気で旅行気分。
顔が日焼けで痛いので良い笑顔は作れませんが、12時間の旅行は今までのどんな長い旅行よりも楽しかった気がします。
旅は目的と天気が良ければ最高ですが、一番大切なのは楽しい仲間達だとも感じた充実の休みでした。

強烈だった日焼けの後遺症で辛い今日は、朝から大切な取引がありました。
南葛西の中古住宅の決済で、当社が買主です。
以前、南葛西THをご検討いただいていたお客様の自宅で、無事に取引完了。
*売主のSさん。僕の笑顔が引きつっているのを察していたら、何かを企んでいるのではなく日焼けですからね。(^.^;
この住宅は、来月には当社が売主としてお安く販売しますから、マイホームの第1歩として中古住宅を探している方は要チェックしてください。
詳細は、また後日!
(2006.8.11[Fri])
台風一過の定休日
台風も都内ではアッという間に過ぎ、只の雨にしか感じませんでした。
あまり被害も出ていないようでホッとしました。

土砂災害などに遭われた方には非常に恐縮ですが、サーファーにとっては恵みの台風です。
タイミングもバッチリで明日は定休日!
もちろん台風の置土産をいただきに行ってきます。
スピードがゆっくりな台風は、うねりもしばらく残るのが一般的ですが、今回は足が速かったので落ち着くのも早そうです。
早起きで対応しないと…と言わなくてもいつも馬鹿みたいに早いんですが(^,^;)

今週末は忙しくなりそうなので、明日はストレスをマイナスにしてきます。
ニュースに出ない程度に・・・

(2006.8.9[Wed])
江戸川花火大会
最近バタバタと忙しく、久しぶりの更新になりました。

昨日は、勝手ながら早めに店じまいして社員全員で江戸川の花火に行ってきました。
船を借り、船宿のおじさんが揚げる天ぷらをつまみにビールを飲みながら~
間近で見る花火は大迫力で、酔っていることも手伝ってかなり感動しました。

船は何十艘も出ていて、隣の船は何を食べているか分かりそうな位の距離。
お祭り騒ぎで盛り上がっているのがよく聞こえます。
驚いたのが、打上げ中にもかかわらずカラオケを熱唱しているおじさん。
素晴らしく儚く美しい花火が上がっているのに画面を見ながら歌っているなんて、神経が狂っているか酔っ払いすぎていたのでしょう。
彼方此方の船から「カラオケ止めろ~」と言われていました。

行けなかった方には、画像のプレゼント。
これを撮るために僕はデジカメの画面ばかり見ていました。
おじさんの事、言えませんね(^。^;)

(2006.8.6[Sun])
バックナンバー一覧
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年08月
2016年07月
2016年05月
2016年03月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
ページトップへ戻る