担当日誌

RSS

8月のローン金利
あと3日で8月になってしまいます。
月日の流れが早く感じます。
特に夏は・・・
好きな食べ物はアッという間に無くなったり、休日が短く感じたりすることと似たようなものでしょうか?
子供の頃は1日にいろんなことが出来て、もっと充実した日々を過ごしていたように思います。
様々なことを理解し大人になった今は、好奇心が薄れたせいで1日が短いのでしょう。

8月になって住宅ローン金利がどれくらい上がるか?気にしている方も多いと思います。
変動金利で住宅ローンを借りている僕もそのひとり。
1週間程前に某都市銀の方と話した時は「0.25%位は上がってもおかしくないですが、もう少し緩やかに上げていくと思いますよ。」と言っていました。
結果、7月の金利と同じでした。(^。^;)
変動金利が、2.375%→同じ
2年固定が、2.450%→同じ
3年固定が、2.700%→同じ
5年固定が、3.250%→同じ
フラットが、3.120%→3.150%
*みずほ銀行 8月実行基準金利
フラット35が0.03%上がっただけで、やはり急激な上昇は避ける方針のようですね。
実勢金利が上がれば、せっかく景気が良くなりつつある一般家庭の家計にまた水を差すことになりますから、気を使ってもらわなくては。
しかし、フラット35より5年固定の方が高いなんて、ちょっと笑えます。

実際は、フラット以外は金利優遇-1%くらいしてくれますから、まだまだ低金利の消費者バンザイ状態。
低金利時代の最終局面は、エコノミストが脅すよりももう少し先のことかもしれませんね。

(2006.7.29[Sat])
夏です。
昨日・一昨日は連休させていただきました。
ポケモンを観に行く予定でしたが、子供の用事で来週に延期することになり、水曜は海に行かせてもらいました。
久しぶりの晴天。
海をチェックしていると、無人で良い波が割れているポイントを発見。
入ってみると潮の流れが川のように速く、ずーっとパドルしていないと流されてしまう過酷な状況。
他のサーファーが入ってきてもいつの間にか流れていき、貸切りだった理由が分かりました。
1本乗って流されてもビーチを歩いてポイントに戻れば良いわけで、乗っては歩いて戻りクルクル回りながら貸切の良い波を満喫しました。
疲れて休憩する頃には、砂が暑くて小走りになるくらいの夏モードになっていて、ビーチには海水浴の人もパラパラと・・・
海の家も営業中で、思わず生ビールを頼んじゃいました。
サザンの曲が流れるベタな海の家で良い気分になってしまい、思わず「おかわり!」
ビーチでは家族連れが砂遊びしていたり、若い人がビーチバレーしていたり・・・その夏真っ盛りな光景を見ながら、仲間とサーフィン談義しながら飲む生ビール。
至福の時とはこういうことを言うんでしょうか。
その後、飲酒運転のサーフィンは(車ではありませんよ。)イマイチでしたが・・・(^。^;)

今日は、まだ酔っ払っているような真っ赤な顔をして仕事しました。(注:日焼けです。)
朝からバタバタと打合せを数本こなし、午後からは当社のホームページを見て『南葛西TH D棟』を見たいとメール下さった方をご案内。
『南葛西TH D棟』は売却済みだったのですが「2番手でも良いので見せて下さい。」と言われたので。
結果的に、2番手という形で購入の意思表示をいただきました。
正直言って、今まで販売に苦労していたんですが・・・タイミングってこんなものです。
今日のお客様も渋谷区にお住まいの方でした。
今までオープンハウスの広告は江戸川区ばかり配布していましたが、失敗だったのかもしれません。
良い勉強になりました。m(_ _)m

明日あたりから顔の皮が剥けだす気配。
これが嫌いで日焼けがイヤなんですが、サーフィンはやめられないので仕方ありません。
せめてご来店いただくお客様に不潔と思われない程度まで回復しなくては・・・
ビワローションが良いとか、緑茶と小麦粉のパックが良いとか言われますが、今までは剥けたら剥けっぱなしでした。
そろそろ歳も歳なので、マツキヨ寄って帰宅します。
皆様も日焼けにはご用心を!
(2006.7.28[Fri])
お父さんの連休
当社は、木曜・祝日・第4水曜日が定休となっております。
というわけで明日から2連休♪(ノ⌒∇)ノ.+:^☆viva
特にドコに行くわけでもありませんが、のんびり出来るのは嬉しいものです。

しかし、世の中の子供たちは夏休み。
うちの子供もヒマを持て余しています。
当然「遊びに行こうよ!」「何かしようよ!」と朝から攻撃に会うこと必至。
休み明けには職場でホッとしているかもしれない逆転現象もありえます。

僕は、子供の体力についていけなくなると映画に行くことにしています。
本当はM:I:Ⅲとかパイレーツ・オブ・カリビアンとかダ・ヴィンチ・コードとか観たいんですが、子供主体なので絶対無理・・・
昨夜、せめて「カーズって面白そうだよ。」と薦めてみましたが「ポケモンが良い~」の一言で終了しました。
よくよく考えてみたら、子供が生まれてから映画館ではアニメしか観ていません。
ポケモンは全て網羅していて、ワンピース・クレヨンしんちゃん・ドラえもんetc・・・
アニメや漫画にあまり興味のない僕は、すぐに睡魔に襲われていました。
でも、最近のアニメは良く出来ていて、ついつい真剣に観てしまいます。
僕が寝てしまうような簡単で子供っぽいストーリ展開のアニメは子供にも不評で「最近の子供は賢いなぁ。」なんて発見もあったり・・・

映画だけではありません。
ポケモンパンのシールやポケモンカード・ムシキングだのドラゴンボールだのetc・・・カードだけでも何百枚もありますし、小さい人形みたいのもバケツ2杯分くらいあります。
全部親が買い与えたものなので文句も言えませんが、合計すると何万円にも・・・
特に人形は良く踏んで痛い思いをしているので本当に迷惑しています。
家のテレビはいつも子供番組・・・
おかげで35歳にしてポケモンの名前は詳しくなりましたが、世の中のニュースは1日遅れです。
子供達と話が合うくらいで、何の自慢にもなりません・・・

僕は子供の長期休みと祝日くらいで済んでいますが、一般の土日休みの方は一年中毎週のことなんでしょうね。
お母様は365日・・・
自我を通せないのは正直言って辛いことですが、最終的には子供の笑顔が凌駕します。
僕もウルトラマンだの仮面ライダーだの、同じようなことをして大きくなりました。
子供にとっては大切な夏休み。
頑張って家族サービスすることにします。

~サービスって・・・ (^-^;)嫌々?
(2006.7.25[Tue])
銀行のスタンス
最近多いネタで恐縮ですが、少し頭にきたことがあります。
僕のお客様で、子供が産まれたので戸建てを買おうと探し、とある分譲住宅を契約しました。
旦那様と奥様の収入を合算し、ペアローンという形で住宅ローンを申し込むことに・・・
堅実なお客様で、借金はありませんし勤務先も大きいので問題は何も無いかに見えました。
ところが、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行に「奥様が産休中なので収入が無いと見られるんです。」と断られました。

確かに産休中は収入が減ります。
復職できるかも心配でしょう。
しかし、本人が保育園に預けて職場復帰すると決めて申し込みしているのであって、就職活動から始める求職者ではありません。
子供を育てるという国にとって大切なことに対して、銀行のこの対応はどうなんでしょうか?
子供は親や国や周囲の大人など様々な協力と愛を受け成長し、やがて納税するようになり国を支える一角になります。
完全な民間企業なら企業倫理や方針を貫いても文句は言えませんが、銀行は国の保護を受けながらも国のことは考えていないような気がしました。

銀行の担当には「そんなスタンスが少子化に拍車をかけるんだよ!国民の税金で助けてもらったくせに酷いね!」と言っておきました。
僕がこんなこと言っても年寄りが牛耳る組織や政治は何も変わりませんが、少しは考えて欲しいですね。

幼児虐待や誘拐、幼稚園・保育園不足など、他にも様々な問題がそのままの状態になっています。
老人ホームや介護も必要でしょうが、利益が出るので民間に任せて、お金になりにくい子育て環境こそもっと国をあげて応援しなければなりません。
金融庁にメールでも送ろうかなぁ~この画像添付して・・・

(2006.7.24[Mon])
天災
昨夜、蓼科から帰ってきました。
記録的な大雨により目的地の中央道諏訪ICから先は行けなくなっていて、ギリギリなんとか到着といった感じでした。
しかし、3時間程で着く予定が災害復旧工事による渋滞で5時間かかりました。
真夜中に着いたので、すぐに就寝。
翌日のゴルフは中止かな?と思いましたが、奇跡的に雨は上がり問題なくプレー出来ました。
通行止めの影響か人が少なく、普段より条件が良かったぐらいで。

でも、今朝のニュースで土砂崩れ等の被害映像を見て「僕達が遊んでいるすぐそばで、大変な被害にあっている人がいたんだぁ~」と複雑な気分に・・・
地元の料理屋さんでも「昨日はとなりの川が氾濫寸前で凄かったよ。」と言っていました。
実際、僕は救助も援助も出来ないのでゴルフしても家にいても一緒なんですが・・・

テレビでは非難警告が遅かったとか災害防止対策が甘いとか好き勝手なことを言っていましたが、自然の力の前で人は無力です。
いくら基礎を高く家を建てても時速50kmの土石流を見ると無駄にしか思えませんし、今まで被害にあったことが無いと言っても何ら説得力を持ちません。
選択肢があるなら、なるべく災害警戒区域に住まないようにしたいものです。

不動産の売買では、土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律に基づき、土砂災害警戒区域内か否かの説明が義務付けられています。
これは、国土交通大臣が指針を示し、おおむね5年ごとに都道府県が警戒すべき地域を調査し結果を公示するというもので、警戒区域内は建築や開発行為が制限されます。
都内では青梅市成木地区だけが指定されていますので、それ以外はとりあえず安心です。

日本は国立公園や国定公園の基準や特例が甘く、遠くから人工的な物が全く見えない所は特別な地域以外ほとんどありません。
国民の資産や収益を保護するため厳しくすると問題が生じるからですが、もっと自然は自然、都会は都会と明確化しないといけないと思います。
山奥まで道路を通しリゾート開発したり、人が住みやすく造成するのは自然破壊で必ず弊害が生じます。
山にダムを造ったり土砂災害防止の為によう壁を築いたりした結果、砂浜が狭くなったりするのです。
田舎にも住宅地があるわけですから、収用による移転などを講じ、より天然の自然を残して生きたいものです。
圧倒的な自然を見ると感動しますが、狭い日本には人の手が加えられた自然が多く、国民の自然に対する感受性も乏しくなっているような気がします。

今回の天災で死者も数多く出たようです。
不慮の事故による死は本当に痛ましく感じます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

(2006.7.21[Fri])
ゴルフ
明日は定休日。
今日の業務終了後に出発。1泊して、明朝からゴルフです。
不動産屋といえば~ゴルフ!
不動産屋といえば~ベンツ!
なんてイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、今はそんな時代ではありません。
実際、僕はクラブを握るのも約1年ぶり。
車は9年前に買った国産1800ccワゴン。
普通というか、中流以下ですので誤解なく。(^。^;)ハズカシナガラ

不景気が続いたおかげで、中流以下の僕でもたまにはゴルフが楽しめるようになりました。
楽しめると言っても、お金とヒマと熱意がないので下手ですが・・・

ゴルフ場というのは人工的すぎて自然を楽しんでいる気持ちにはなれませんが、広大な庭園を散歩するわけですから下手でも気分は良いものです。
良い気分で長距離を歩くのが健康的なのは間違いありません。
歳をとり余裕が出て、週に1度でもゴルフが出来れば長生きして幸せな人生だったと思えるでしょう。
でも、それが一番難しかったりするんですねぇ~


先日、日銀が0金利政策解除を決定しました。
元々、銀行を救うための苦肉の策だったので、いつかこの日が来るのは分かっていましたが・・・

政策により金利を下げた結果、銀行は救済されましたが投資家は低金利を嫌がって日本よりアメリカに投資する人が増えました。
ITのおかげで金さえあれば投資も簡単に・・・結果アメリカは好景気になりました。
日本の金利が上昇すれば、1日130兆動くと言われる投資家の資金の一部が日本に還流し、更なる株価上昇を生み景気も物価も上昇するでしょう。
税収もUPし、政治的には評価を得られるかもしれません。

お金がお金を生むマーケットを経済の基準としている以上、市場・経済を形成するのは富裕層のお金です。
「預金はたくさんあるけど借金が無くて・・・」なんて人、知り合いにいますか?
僕は逆なので、金利が上がるのが怖いです。
子供は既に2人いますが、時期が時期なら一人っ子で我慢したでしょう。
住宅・車・旅行・外食・大型家電etc・・・もっと我慢しないと破綻するかもしれません。
家庭の経済も会社も同じです。
一般的に借金がある会社の方が多いので、金利上昇に体力がもたない会社もあります。
倒産まで行かなくても、金利負担が増え、売り上げが伴わなければ給与に影響があるかもしれません。
預金金利が上がっても、それ以上に貸出金利が上がるわけですから預金や資産より借金の方が多い場合は・・・
現在借金が無くても、老後も賃貸だと大変でしょうし、会社が危なくなったり・・・
良く考えれば心配はつきません。心配ないのはやはり富裕層だけ。

経済格差が広がり、犯罪増加も考えられます。
現在も問題になっていますが、治安の悪化も少子化・人口減に拍車をかけ、将来的な不安につながります。
子は宝と言いますが、日本の未来に人口減はダメージでしかありません。

0金利自体がイレギュラーなので、金利上昇は仕方の無いことと思います。
しかし、国民が本当に求めているのは、痛みを伴う~じゃなく表裏一体の政策ではないでしょうか?
金利政策による税収UPを求めるなら、未来の税収UPの為にも少子化問題解決に使うべきです。
子供を育てる多くは僕のような庶民です。
たくさん育てた方が経済的に有利になるようにしないと日本の未来は危険です。
既に手遅れかもしれませんが・・・

金融マーケットを経済の指針にするのは当然のように思いますが、山の頂上だけ見ているようなもので、裾野を見ていない政策は間違いなく未来の日本に悪影響を及ぼすでしょう。

段々エスカレートして極端になってしまいました。
そこまで大変な事にはならないでしょうが、明るい未来が待っているように思えないのは確かです。
老後にゴルフ・・・なんて言っていられなくなってきました。
明日が最後のゴルフになる可能性も無きにしも非ずなので、せめて満喫して楽しんできます。

結果は後日~と思いましたが書きません。と言うより書けません。(;^ω^A
(2006.7.19[Wed])
完売御礼!

日曜日の夜は『南葛西TH D棟』の契約でした。
4棟分譲した内の最後の1棟で、これにて完売!
☆;:*:;☆“Congratulations”☆;:*:;☆
今思うと、かなりの長期事業でした。

5年程前、すでに数年間分譲住宅の事業を担当していた僕は、住宅のデザインに関して不満を持っていました。
それまで自分で担当した分譲住宅は、今見ても決してカッコ悪いわけではありませんし、むしろ周囲の住宅より良い材料を使いカッコ良く機能的だと思っています。
しかし、テレビや雑誌に出てくる設計士が建てた住宅はもっと違う魅力を持っているように見えて、不満というより「負けたくないなぁ」という気持ちだったかもしれません。
「建売りなんだから・・・」というのは大嫌い!
自分がカッコ悪い家を何千万も出して買うなんて想像も出来ないので、企画する時はいつも「宝くじが当たったらこの家を買おう!」と思いながら考えていましたし、今でも同じです。

本を見ればカッコ良い材料等は勉強できますが、住宅はカッコ良い材料を使うだけでは中途半端になってしまいます。
収まり・バランス等々・・・考えることは多く、いくらセンスの良い人でも経験を積んで勉強しないと絶対に良い家は建てられません。
そこで、優秀な設計士と仕事をするのは良い勉強になると思って設計士を探しましたが、みんな港区や世田谷区等に集中していて、近くにはなかなか見つけられませんでした。
いくら優秀な設計士が建てても問題が起きる場合もあります。
設計士や建設会社が近くにいるということは重要なことなのでどうしても葛西近郊で探したくて、やっと見つけたのが『Ta工房一級建築士事務所』の田村先生。
実際会って話してみないと本物かどうか分からないので、すぐにアポ取って伺いました。
今思うと、具体的な現場もないのに突然やりたいことをベラベラ喋った僕は、先生に変な人に思われても仕方なかったのですが、先生は疑うことなく自分の信念を語ってくれました。
こうして後の『南葛西TH分譲住宅』となる最初の出会いが始まりましたが、それからはもっといろんな事がありました。

約2年前に『南葛西TH分譲住宅』の企画が持ち上がり、スタート!
毎週建築会議を行い、毎日現場を確認し、建築期間6ヶ月を要し、それはもう妥協の無い江戸川区随一の住宅になったと確信したのが1年前の8月(竣工)。
スタートから完成まで1年かかりました。
これだけの住宅、すぐに完売だなぁと他の業者も言っていたのが・・・
残り1棟があと2週間で中古になる所まで苦戦しました。
結局、購入いただいた半分の方が都内でも西側に住んでいる方で、あとの2棟も個性とこだわりのある方。
以前現場で「この辺りに住んでいる人の多くはデザインに特化しても理解してくれないんだよ。まだまだ実用的な部分が分かりやすく、普通っぽい建売が売れるんだよ。」と業者さんに言われたのが、的を得ていて江戸川区を愛する僕はショックでした。
しかし、4組のご家族はご理解いただき、「買って良かった。」「良い家だよ。」と僕や田村先生にとって最高の褒め言葉を仰ってくれます。
これからも、もっと褒めてもらえるようにお付合いしていきますから宜しくお願い致します。

2年間に及ぶ事業も一旦区切り。
この経験を生かして次も他の業者に負けない住宅を造ります。
その為の土地を買うのが一番難しいんですけどね(^。^;)
(2006.7.18[Tue])
ワールドワイドな仲介?

夏本番といった天気が続いています。
13日は、海で夏を満喫したおかげで筋肉痛と日焼けのヒリヒリに悩まされている担当です。
"(/へ\*)"自業自得・・・

昨日は、南葛西3丁目にある中古住宅をご案内しました。
お客様は現在海外在住。ホームページを見て売買リクエストを送っていただいた方で、こちらにいる知人を代理人に内見と言う形で。
条件が厳しかったんですが、なんとか3物件見つけ、その内一番条件が良かったのがこの物件でした。
それにしても、海外にいるお客様とやりとりするなんて、地元密着型不動産屋の当社もワールドワイドに仕事できるものです。
僕が凄いわけでもないのに「ちょっとカッコ良いなぁ」なんて思っちゃいました。(*^.^*)

南葛西3丁目にある木造3階建の4DK、土地付で2,380万円也。
もちろん所有権です。
安いので最初は期待していませんでしたが、内外装ともリフォーム済で綺麗!すぐに住めます。
北道路ですが、南・西側隣地は2階建で、東側も空いていて日当り良好。
本当に安いと思いました。

再建築不可とかではないのに安いのは何故だろう?と思って調べると、違反建築でした。
違反と言っても耐震偽装とかそういうものではなく、建ペイ率オーバー。
昔は狭い土地にギリギリ建てる家が多く、行政も取締りが甘かったのでそんな物件がたくさんありました。(というか今も多数残存してます。)
狭い土地に対して効率良く(違反ですが・・・)建っているので、安く・広く(狭小の割に・・・)買う人にとってはメリットばかりです。

じゃぁ何故安くなるの?というと、ローンの問題。
一般的な銀行系は各行により多少の違いがあるものの、建ペイや容積の違反が1割程度の物件に対しては通常の住宅ローンとして扱ってくれるケースが多いのですが、それ以上となるとNGになる場合がほとんど。
数千万を現金で支払える人はあまりいませんから、結果的に価格を低くして少しでも買いやすくするしかないのです。

それでもどうしても~という方にはノンバンク系をご紹介します。
もちろんサラ金ではありませんよ。(^.^;)
変動金利で3.8%前後と銀行より高いですが、物件に問題がある場合にしか使わないでしょうから結果的に借入額は少額になり、金利デメリットは薄まります。

ちなみに2,300万円を変動金利35年で借りると、銀行は優遇を加味して1.875%程度で74,723円/月。
同条件のノンバンク3.8%だと99,097円/月。
その差24,374万円は大きく感じますが、35年ローンですと750万円分です。
3,050万円の価値がある物件または普通より750万円安いと判断できれば、ノンバンクで借りても同じということになります。
多少強引な説で矛盾もありますが、販売価格でなく実際の支払いベースで考える方が正しいですから、1つの参考ということで・・・

同じようなことがマンションにも言えます。
販売価格が安くても、管理費等が毎月数万円かかるなら、その分もプラスした買物と考えなければいけませんね。

住宅ローンは、分母が大きいだけに金利の0.1%でも馬鹿にできません。
我々不動産業者は、週に1度以上は銀行とローンの話をしています。
W日々変わっていく情勢や、お得なローン条件などに関してもプロですので頼りにして下さいね!
(2006.7.15[Sat])
サラリーマンの苦悩
昨日、事務から「暑中見舞いができました。」とハガキの束をもらいました。
早いものでもう7月。少し前まで「早く夏が来ないかなぁ」と思っていたのが・・・

歳を重ねるごとに1年が加速度的に早く過ぎていきます。
僕は、不惑の歳まであと5年。
このままで本当に迷わない年齢になれるか、人生の最終決断をしなければならないお年頃です。

僕は、妻と子供2人がいて、自宅のローンが31年残っている普通のサラリーマン。
財政的には、財源が厳しい妻の管理下にあるので小遣いはサラリーマンの平均(38,300円*2004年)を少し下回り、年に1度の家族旅行も箱根を越えたことがありませんし(ほとんど千葉)自家用車は購入して9年を超えましたが買い換えられないので車検を受けました。
節約生活を送っているにもかかわらず、貯蓄は子供の学資保険を解約しないと小型車も買えない程度。
あと5年で不惑になれるんでしょうか? ( ̄へ ̄;)ウーム

聞くところによると、サラリーマン世帯の平均貯蓄は1,273万円だそうです。
22歳から60歳までサラリーマンするとして、41歳が折り返し地点。
僕は5年で1,200万円貯めなければ平均以上になれないので、毎月20万貯蓄しないといけない計算になりますが・・・
 100%無理だ~(。>0<。)
平均って俗に言う中流家庭なんでしょうが、意外とすごいですね。
同じサラリーマンというカテゴリー内でも年収格差は大きいので、少々厳しい計算でしょうが・・・

世の中お金を中心に回っているのは事実です。
今まで頑張ってきた人より今から頑張らなくてはいけない若い人の方が社会状況が厳しいのは明らかですから、今の平均以上に頑張らないといけません。
60歳迄に住居を確保し、借金を完済し、5,000万以上の貯蓄もしくは不労所得となる財源確保をしないと、貯蓄が無くなったり病気したら死ななければならなくなるかもしれません。
5,000万円以上の貯蓄をするには、やはり今から毎月20万円貯金しないと…
 だから120%無理だって~\(*`∧´)/

計算すると生きるのが嫌になるので、我が家に出来ることをポジティブに考えてみましょう。
意外と簡単でした。
妻が毎月20万円分稼げば良いんです。d(^-^)デショ?

こうして普通のサラリーマン(若くなるにしたがって特に)は、妻の仕事が重要になり~益々妻が強くなって~結果的に少子化が進み~益々年金財源確保が困難になり・・・
||||(_ _。)|||| ドウスリャイインダ
少子化問題より高齢化問題にウエイトを置く脳が逆さになった年寄り政治家がたくさんいて、僕らは寿命をまっとう出来るんでしょうか?

暑中見舞いが政治まで飛んで訳が分からなくなりましたが、何も出来ない凡人は凡人らしくコツコツ頑張るしかなさそうです。
ささやかな楽しみを見つけて・・・
明日は定休日なので、ささやかに海に行ってきま~す!
 (>▽<;やっぱり一生凡人だ!
(2006.7.12[Wed])
新手の住宅取得方法
昨日のニュースで、現代版わらしべ長者が紹介されていました。

カイル・マクドナルドさんという方は、物々交換のサイトに文房具のクリップを出品し、まず魚の形のペンと交換したそうです。
その後、ドアノブ→キャンプストーブ→発電機→パーティーセット→スノーモービル→ヤークという町への旅行→車→レコーディング契約→アメリカのフェニックスの家に1年間住む権利→アリス・クーパーと半日一緒にいられる権利→KISSのスノーグローブ→ハリウッド映画出演権→カナダのキプリングという町にある家というように、最終的に自宅を手に入れたよう。
クリップが家になるまで約1年間だったらしく、目標でもあったこの家は床面積102㎡の2階建。
さらに、この町ではマクドナルドさんを1日名誉町長に任命し、交換が成立した日を『One Red Paperclip Day』(最初に交換したクリップは赤色だったので)とし敬意を表して住民に赤いクリップを身に付けるよう奨励するそうです。
この方の大胆な発想がなければ成しえなかった偉業ですので確かにすごいことですが、町の対応もかなりすごいですね。

1年間で家と名声(微妙…)を手に入れたマクドナルドさん。
僕の自宅ローンがあと31年間残っていることを考えると、僕は本当の凡人だなぁ~と複雑な心境になります。
(^◇^;)ゝ当たり前ですが…

凡人ですから、真似しようと思うならクリップより良い物を出品して、家より安い物をゴールとしなければいけませんね。
どなたか僕の持っている『ヤークではなく屋久島への旅行券』を、『新車』に交換してもらえませんか?
 ↑ 詐欺かな(^.^;)

不動産屋であるが故に(というか普通は)妥当な価格で売り買いする頭しかなく、こんな応用は思いつきませんでした。
わらしべ以外にも方法が無いか考えてみることにします。
商売に利用できれば、かなりの利益が見込めそう。
一歩間違えると詐欺になりそうですが・・・(^。^;)
(2006.7.11[Tue])
運気上昇?
先日の運気低迷から一転、少し調子が出てきたかも…

昨日、南葛西TH分譲住宅をご検討いただいていたお客様が、ご事情から別の地域の物件を購入することになり、結果的に僕にとっては少し残念な形となったのですが、そのお客様からご自宅の売却をお願いされました。
最初にお会いした時から紳士で誠実な方と思っていましたが、本当に義理堅く素晴らしい方で「この人の為に頑張って良かった。」と思いました。
住宅というのは高額で、人の一生の中でも決して忘れることの無い思い入れが大きなものです。
そんな大切なものを扱い、且つお客様と誠意に誠意でお答えし合える仕事が出来るということは、本当に仕事冥利につきます。

更に、このお客様のおかげで運気上昇の兆しが…

その数時間後、結果的に売れ残ってしまった南葛西TH分譲住宅の案内に行きました。
数日前に「ホームページを見て…」とお問合せがあったお客様で、一通り現地でご説明し、その夜にはご購入いただくお約束をいただきました。
ホームページを見ていただいているので、詳細はかなりご存知のようでしたが、想像よりも素晴らしかったとお褒めの言葉をいただきました。

契約はまだですし、決済するまで幾つかのハードルがあるので喜ぶのはまだ早いですが、数日前からすると雲の切れ間から太陽が顔をのぞかせたような一日でした。
このまま良い気持ちで仕事が続くと良いのですが…


賃貸の方も、先週は予想外にお客様がいらっしゃいました。
例年5月から8月まではヒマというのが不動産業界の通説なんですが、先週だけは繁忙期のようでした。
どんな業種も同じようなことを思っているのかもしれませんが、お客様の動向には連動性のようなものがあるのかもしれません。
細かく言うと1日の中でもあります。
お店の中が閑散としている時間が長く「今日はヒマだね。」なんて話していると、急に満席になったり…

お客様と様々なお話をすることが出来る仕事ですので、たまに来店理由も聞いたりしますが、皆様バラバラで分析が困難です。
社内の予想でしかありませんが、先週の忙しさは『ボーナスで引越しを考えている方が多いのでは?』という意見が多く、1日の中のピークに関しては『お客様がいると安心してお店に入れるから?』と思っています。
如何でしょうか?ご意見お待ちしております。


今週は売買契約が2件あり、少し忙しくなりそうです。
3日前まで「今度の休日はお払いにでも行こうかなぁ」と思っていましたが、もうしばらく様子を見てみます。
(2006.7.10[Mon])
運気低迷?
昨日は定休日。またまた海に行きました。
天気予報で風向きをチェックして鹿島(茨城)へ~
良い波とはいえませんが、そこそこ楽しめる波で遊んでいると、予報と違う風が吹いてきてイマイチな状況に…
久しぶりにはずしてしまいました。
サーフィンをするには、オフショアと言って陸から海に向かって吹く風が最適で、波の斜面を走りやすく綺麗に整えてくれます。
逆に海から吹く風はオンショアと言い、波がグチャグチャになります。
風が無いのが一番良いんですが、自然には逆らえないのでオフショアになるポイントを選んで行くようにしているんです。
しかし、昨日のように急に風向きが変わる時もあり、予報はあくまで予報ですから運も大切なファクターです。

最近、仕事面でも『予定は未定』を感じることが…
申込みをもらった人が急に連絡取れなくなったり、お客様が検討に検討を重ねて「これは買ってくれそうだなぁ~」と思うと断られたり…
特に仲介の場合、迷惑を被るのが当社だけでなく相手もいるので本当に大変で、滅多にいない不誠実なお客様に悩まされていて、今までに無く運気が低迷しているような気がします。
厄年には早いのに、バイオリズムか何か?

占い等の類は信用していない僕ですが、占ってみると「仕事面では、対人関係の影響でヤル気が出ない。」と図星ともいえる結果が…
*恋愛運は好調!なんて妻帯者の僕には全く嬉しくない(ありえない)ことも書いてました。
バイオリズムも、根拠が無いと思っていますが、何となく当たっているような…
占いを信じて行動するのは、僕の中でアイデンティティクライシスでネガティブなことと思っていますが、人間は弱った時に何かにすがるものだってことが改めて理解できました。
早く無宗教の強さを取り戻さないと…
とりあえず一生懸命仕事します。

単純なので、仕事がうまく行ったり、良い波に当たれば運気上昇するでしょう。
勘違いであっても、気持ちの問題なので…

(2006.7.7[Fri])
釣り師 vs サーファー
この前の休日、海に行った話の中で「釣り師に邪魔にされ・・・」と書きましたが、サーファーと釣り師は犬猿の仲と言えるかもしれません。
同じフィールドで遊ぶ者同士、基本的には分かり合えるはずですし、サーファーの中でも「釣りも趣味!」と言う人が多いですが、極まれにポイントを巡って文句の言い合いになることも・・・
そのポイントと言うのは『堤防』です。


先日も堤防脇でサーフィンしていると、釣り師が堤防に集まってきて、僕たちの方に向かって竿を振りだしました。
朝は誰もいなかったのですが、1時間程経つと10人近く集合していて、その内半数がこちらに重りを発射しており「危ないから反対側に投げればいいのに・・・」と思っていたら「危ないからもっと向こうに行け!」と怒られました。

釣りをする場合、堤防から投げた方が良さそうなのは理解できます。
サーファーが堤防の近くでバチャバチャすると、魚が逃げそうですし、サーファーを釣っちゃいそうになる(怪我させそうになる)ので、釣り師からすると邪魔な存在に。
「海は広いんだから、わざわざこんな所でサーフィンするなよ!」と思っているようです。

逆に、サーファーの立場から勝手なことを言わせてもらうと、堤防の近くというのは海底に砂が付きやすいので良い波が割れている場合が多く、風がある日は堤防のおかげで波に影響が無かったりして重宝しています。
サーファーからすると「釣りするなら、危ないから人のいない所に投げろよ!」と思っています。

お互い『何故そこにいるのか?』が理解できないようなので、犬猿の仲に・・・
サーフィンしたことある釣り師なら、波の無い(若しくは波の悪い)堤防に行くでしょう。

数年前の冬、御宿海岸でサーフィンしていた時、朝早かったので人も少なく小さいながらも良い波を独り占めしていました。
すると、釣竿を抱えたおじさんが広いビーチの中でもわざわざ僕がサーフィンしている前に来て、僕に向かって投げ出しました。
少しムッとしましたが当たらないだろうと思い無視して続けていると、波を乗り終え再度沖に向かう僕のすぐそばに重りがボチョン・・・
頭にきて「危ないしビーチは広いんだから少しずれてくれよ。」と言う為おじさんの所に上がっていくと、両鼻から鼻水がアゴまで垂れた危険な状態で僕を睨んでいます。
その状態を見て身の危険を感じた僕は、何も言えずに少し離れた所に移動しました。
そんなおかしな人は稀でしょうが、僕の中で釣り師が敵になったのはその時からです。

サーフィンは波が綺麗に割れている所でしか楽しめません。
広い海の中でも数ヶ所しかなく、釣りができる所の方が圧倒的に多いと思われます。
海はみんなの遊び場なので勝手な言い分ですが、サーフィンしていたら少しずれてもらえませんか!?
サーファーは良い波が無い限りは釣りを邪魔しませんから。

・・・って、やっぱり勝手なことを言っているような気もしてきました。
僕は、生きた魚を握るのが嫌いなだけで、釣りは面白いと思いますから気持ちが分からないわけではありません。
波の良くない時は、釣りをして家計を助けるのも良いかなぁ~とも考えています。
釣り師のご意見お待ちしています!

ますます不動産会社のホームページでは無くなりつつ・・・( ̄~ ̄;)
(2006.7.3[Mon])
更新料

賃貸の契約については、地域性による慣習の違いから法的に縛りきれない現状があり、故に勘違いやトラブルが発生してしまいます。

先日、当社の賃貸契約者からの通知で、借地借家法(平成3年法律第90条)第26条1項に基づく法定更新を主張し「法定更新した場合は期間の定めの無い契約になり、賃貸人は特別に認められる事由の無い限り解約の申し入れは出来ないんですよ。」と言われました。
要は「更新料等は払う必要がない。」と言うこと。
確かに、借地借家法だけ見ると「法定更新というものが権利として認められるなら、更新料等は払う必要ないんじゃない?」と思う人もいるでしょう。
「法律に定めがないから法的に支払う必要はない。」と勘違いする場合が・・・
しかし、自由契約の概念まで覆せるものかどうかは良く考えれば分かることで、ましてや我々プロがそんなゴネ得で不公平な契約をするでしょうか?
更新料や更新手数料に関しては法で定めることが難しいので、いくら民法の本を読んでも答えは出てきません。
答えは判例にあります。

代表的なものは、東京地方裁判所平成9年6月5日判決です。
賃貸人は当契約書に記載されている更新料の支払いを求め、賃借人は法定更新を主張した争いで、法定更新の場合に契約書に記載されたこの更新料の支払い義務があるか?という論点でした。
この賃貸借契約は3年契約で、契約書には「本契約更新の際、賃借人は賃貸人に対し、更新料として新賃料の4ヶ月分相当額を支払うものとし、賃料は当事者協議の上決定するものとする。」と記載されていました。
結果的には「3年ごとの更新を予定して新賃料を基準とする更新料を定めていることから、実質的に更新後3年間の賃料の一部の前払いとしての性質と推測されること。
また、当事者双方とも契約更新を前提としながら、法定更新により支払いを免れたとすると公平を害するおそれがあるので、法定更新の場合にも更新料支払合意に基づいて支払義務があるものと解するのが相当であり、賃借人の法定更新の場合に支払合意の効力が及ばないという主張は採用することが出来ない。
また、更新料支払合意が借地借家法または旧借家法の強行規定に反して無効であるとの主張に関しても、新賃料の4ヶ月程度の更新料であることに照らし、採用することが出来ない。」と賃借人全面敗訴となりました。

逆に法定更新には適用なしとされた判例もあります。
数々の判例を見ても、契約書に記載された文言が決め手だと言え、法定更新の場合にも更新料の支払義務があるか、または合意更新の場合のみ支払義務があるのかが決まります。
「法定更新を含む」なんて文言が記載されていれば支払わなければなりませんし、法定更新を念頭においてない文言なら支払いを免れることも出来そうです。
ただ、労力を考えると金額にも依るでしょうが・・・

基本的に更新料や礼金については、名目や受領の時期が違うだけで目的はあまり変わりません。
根拠の無いものと主張したくなる気持ちも分からないでもないですが、契約時にその契約内容で合意しておいて、途中(自分の営利・都合)で主張してもダメというのは当然のことで、まかり通る世の中なら契約自体が意味を失う危険性があります。
飛躍して言えば、物を割賦で買って途中で支払いを拒絶するのと同じです。
賃貸住宅を申込する際、礼金・敷金・賃料だけでなく、更新料等の先の費用も良く考えて決断して下さい。

個人的に、新賃料の4ヶ月分は3年契約と言えど高いような気がするんですが・・・
しかも「4ヶ月程度」って・・・
賢明な貴方なら、こんな物件借りませんよね!
(2006.7.1[Sat])
バックナンバー一覧
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年08月
2016年07月
2016年05月
2016年03月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
ページトップへ戻る